所属選手紹介

レギュラー選手

gurukunnmask2018

琉球ブルーウェーブ

グルクンマスク

身長 173cm / 体重 77kg

得意技 グルクンドライバー、ダイバースープレックス

琉球ドラゴンプロレス代表 、琉球ドラゴンプロレス御万人王座「琉王」初代王者、第一回我栄トーナメント覇者。
キレの良い空中戦と総合格闘技仕込みの打撃を得意とする。
2016年には新日本プロレス「SUPER J-CUP2016」に出場。
2017年にはプロレスリングNOAH「グローバルjr.タッグリーグ戦」にも出場し、同年12月にはGHCjrタッグにも挑戦し、惜しくもタイトルを逃すがメジャー団体に確かな爪痕を残している。
また、県内小中学校や高校にて、夢を題材にした様々な講演活動も年間30本近く開催中。学校での文化事業の一環として『教育プロレス』も展開中。

mii2018

リングに咲いたアカバナー

ハイビスカスみぃ

身長 152cm / 体重 52kg

得意技 目突き、ウソ泣き、おてんばダッシュ

長らくアップルみゆきのリングネームで活躍していたが、琉球ドラゴン入団を機に現在のリングネームに改名。沖縄のみならず、全国の各団体で存在感を示す紅一点。
もう一つの顔「松山みゆき」は泣く子も吐くインパクトで、限定出場ながら会場を恐怖に落し入れている。こう見えてキャリア15年のベテラン。

saver2018

蒼き海の守り神

美ら海セイバー

身長 163cm / 体重 68kg

得意技 ショアブレイク

小柄な体から繰り出す空中殺法は芸術の一言、団体が誇るハイフライヤー。
寡黙な人柄ではあるが、いざ闘いとなると感情むき出しのファイトにも定評がある。2016年団体の至宝である「御万人王座『琉王』」をビリーケン・キッドから奪還し、第四代「琉王」となる。

dingo2018

MAD DOG KING

RYUKYU-DOGディンゴ

身長 168cm / 体重 75kg

得意技 ペディグリー

オーストラリア出身。第二代御万人王座「琉王」、第二回我栄トーナメント覇者。
長らくベビーフェイスとして活躍していたが、2017年反旗を翻しヒールターン。新ユニット「MAD DOG CLUB」のリーダーとして、内外から強豪選手を謎のコネクションで招聘し勢力拡大を図っている。

tiida2018

MAD DOG PRINCE

ティーダヒート

身長 170cm / 体重 68kg

得意技 スワントーンボム

沖縄県産レスラー第一号。細身の体ながら抜群の身体能力で繰り出される数々の空中技は内外問わず評価が高い。沖縄のプロレス界の次代を担う選手として期待されていたが、2017年ディンゴと合流しまさかのヒール転向。ただそれからの躍進はめざましく、第三回我栄トーナメント優勝、新日本プロレス参戦、また他団体への参戦も増加し、メキメキと頭角を現している。

joe2018

紅(くれない)の拳(こぶし)

首里ジョー

身長 170cm / 体重 90kg

得意技 ファルコンアロー

元ボクシング国体選手。恵まれた体躯から放たれる肉弾戦、瞬発力で対戦相手を圧倒する。同期であるティーダとは常にライバル心をむき出しにし、第三回我栄トーナメントでは決勝戦で激突。またプロレスリングNOAH参戦にあたりグルクンマスクにパートナーとして抜擢され高い評価を得る。

soki2018

褐色のウルトラ戦士

ウルトラソーキ

身長 180cm / 体重 105kg

得意技 ソーキスラッガーチョップ

うちなんちゅレスラー第二号。団体一の恵まれた体格で猪突猛進ファイトを信条とする。キャリアの浅さは否めないが、将来を嘱望される生え抜きの一人。
2017年には後楽園ホールにて行われた地方インディーが集まるタッグ6人トーナメント「群雄割拠」でフィニィッシュを決め、見事優勝を果たした。
現在は肘の怪我で欠場中。

kidman2018

うちなーバイオレットNo.1

ヒージャーキッドマン

身長 161cm / 体重 63kg

得意技 ドロップキック

うちなんちゅレスラー第三号。小柄ながら抜群のバネと小気味よい動きで、前座戦線を活性化している。琉球ドラゴン期待の新星。最近ではカラダも大きくなり、他団体への参戦の機会も増えている。ヒマさえあれば筋トレをしている。

tamako2018

ももいろ県産品

ポークたま子

身長 158cm / 体重 51kg

得意技 フライングボディーアタック

2017年4月23日デビュー。ハイビスカスみぃの試合を観戦し、衝撃を受け2ヶ月後に入門。約1年の練習生期間を経てこの春デビューを果たした。
ほんわか系のそのルックスとは裏腹に、気の強い部分も見せる生え抜き女子選手。試合中ポンポンを持って自分を応援するとピンチを脱出する、という不思議な能力を持つ。

z2018

緑の週末レスラー

シークヮーサー☆Z

身長 163cm / 体重 73kg

得意技 ドロップキック

普段は県内の大学に通う生え抜き選手。練習を重ね、2017年7月デビュー。
まだまだ荒削りではあるが、デビュー戦であのGENTAROに張り手を見舞うなど肝の太さも垣間見せる。これからが期待される新人選手。
2018年には待望の出身地・山口県防府市での凱旋を控える。

misaki2018

エメラルドマーメイド

真栄田ミサキ

身長 155cm / 体重 55kg

得意技 ダブルリスト・アームサルト

琉球ドラゴン生え抜き女子選手として2018年2月デビュー。
銀色の長髪をなびかせて気迫溢れるファイトをみせる期待の新人。
前職はダイビングインストラクターだったためこのリングネームとなった。

cuervo2018

MAD DOG KNIGHT

クエルボ・ネグロ

身長 172cm / 体重 88kg

得意技 コブラクラッチ

RYUKYU-DOGディンゴが発掘した大型新人選手。
黒一色のコスチュームを見に纏い、時にはダーティーな、時には華麗な空中戦を観せて琉ドラ正規軍を撹乱している。
リングネームはスペイン語で「黒いカラス」の意。

琉ドラファミリー

toyu2016

Taiwan Battle Fish

闘魚

身長 185cm / 体重 90kg

得意技 スタイルズクラッシュ

新台湾プロレス元タッグチャンピオン(パートナーは実兄の戰熊)。
2016年3月から琉球ドラゴンプロレスに長期留学。大柄な体格からは想像も出来ないダイナミックかつ軽快な技の数々で頭角を表している。また日本の文化習得にも積極的で、リング内外問わず愛されるナイスガイ。
現在は帰国し、母国台湾で「Puzzleプロモーション」を立ち上げ、プロレスの普及に尽力している。
スポット的に琉球ドラゴンほか、日本の団体に参戦。

rekka

新台湾灼熱プリンス

レッカ

身長 178cm / 体重 85kg

得意技 安心上路

台湾からやってきたプロレス留学生。真摯な姿勢とどん欲な向上心で頭角を表して来ている。また日本語もどんどん上達し、日本のプロレス界から様々な物を吸収し成長を遂げている。現在は卒業し、DNA所属。

eagle2016

アイアム・レッドアメリカン

キャプテン・イーグル

身長 201cmという名の160cm / 体重 135kgという名の80kg

得意技 ダイビングエルボードロップ、アックスボンバー、ハルクアップ

旗揚げメンバーの一員。アメリカンレスラーの象徴たる風貌で、アメリカンレスラーの象徴たるファイトスタイルを得意とする。その顔は場面により使い分け、時にブラウン管がハレーションを起こしそうな風貌になることもある。フロリダ州タンパ三鷹市出身。現在はスポット参戦。

rick2016

銀色の爆弾低気圧

タイフーン・J・リック

身長 180cm / 体重 82kg

得意技 シャイニングウィザード、098

旗揚げメンバー。長身から繰り出される技の数々はキレと重さがあり、たぐいなるプロレスセンスを感じさせる。またお笑いマッチにも順応し、特にマンタロウとの試合は迷勝負数え歌の予感さえ感じさせた。現在はスポット参戦。

mantaro2016

白と黒のグリーンボーイ

スーパーマンタロウ

身長 160cm / 体重 80kg

得意技 スーパーマンタロウパンチ、自爆

旗揚げ戦にてデビュー。類い稀なるセンスの無さと勘の悪さ、それでいて神懸かり的な試合と言動の数々で「#マンタロウ伝説」なるハッシュタグまで生んでしまった一生懸命だけが取り柄の純情レスラー。
愛されるそのキャラクターは再登場を願う声も多いが、2017年11月惜しまれつつも引退を表明。

sikuasa

シークワーサー☆キッド

身長 160cm / 体重 80kg

得意技 ダイビングボディーアタック

旗揚げ戦の第一試合に登場、その後旗揚げシリーズに全戦参戦した謎多きマスクマン。小柄な体格ながら確実な技と動き、独自の気の強さで若手の壁となった。技を仕掛ける際「もぎたてフレッシュ!」と叫ぶ。現在はスポット参戦。

onihitode

暗黒オニヒトデ

オニヒトデーモン

身長 180cm / 体重 130kg

得意技 リバーススプラッシュ

旗揚げ戦のメインに突如現れた大型マスクマン。豪快な技、悪辣なインサイドワークで旗揚げ当初の琉球ドラゴンを席巻した。再登場となった2015年8月、大型のソーキをいとも簡単に粉砕し実力の違いをまざまざと見せつけた。 現在はスポット参戦。

mabui

純白のタマシイレボリューション

マブイくん

身長 163cm / 体重 70kg

得意技 ドロップキック

2013年5月、突如として琉球ドラゴンのリングに発生。見た目とは裏腹に感情むき出しのファイトとトリッキーな関節技で初期琉球ドラゴンを支えた。プライベートは名前の通りつかみ所がない。現在はスポット参戦。

mango2016

パッションオレンジのお姫様

プリンセス・マンゴー

身長 152cm / 体重 乙女なのでヒミツkg

得意技 マンゴーアタック、てびち(張り手)

2013年7月、VSマブイくん戦でデビュー。小柄でぽっちゃりな体格、文字通り猪突猛進ファイトで女子戦線を盛り上げていた。また「サードロープから飛ぶスプラッシュ」という希有な技も得意とする。同年12月をもって卒業。

sango2016

コーラルピンクスナイパー

サンゴ15

身長 168cm / 体重 70kg

得意技 スナイパーショット

2015年マンタロウと入れ替わりに現れた選手。まだまだ荒削りではあるが、若さに任せたガムシャラさが信条。「裸にネクタイ」という出で立ちが一部主婦層の話題となる。短期間限定参戦。

  • bigm181223
  • banner_shop1
  • banner_ticket1
  • スポンサー募集
  • プロレスで文化・地域貢献のお手伝いを
  • banner_twitter
  • banner_fb
  • side_event
  • side_youtube
  • banner_radio
  • bannerfc180304
  • side_boshu